かむれぽ

芸人10人の熱い戦いが描かれる松本人志プレゼンツ「ドキュメンタル」がシーズン2になって帰ってきた



スポンサーリンク

f:id:yshinano:20170328155328p:plain

Amazonプライム・ビデオで独占配信され話題になった作品「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」の新シーズンが4月26日から配信されるようです。

芸人達の熱い真面目な戦いがまた始まります。

シーズン2に参加する芸人10人を紹介

シーズン1と同じく参加者は10人。発表された参加者10人がこちら。

  • 小峠(バイきんぐ)
  • 宮川大輔
  • 藤本(FUJIWARA)
  • 吉村(平成ノブシコブシ)
  • 斉藤(ジャングルポケット)
  • 津田(ダイアン)
  • 日村(バナナマン)
  • 大島(森三中)
  • 児島(アンジャッシュ)
  • ジミー大西

前回参加したメンバーも数名いますが前回とはまた違ったタイプの芸人が集められました。そして今回初の女性参加者が森三中の大島さんとなっています。

ルール

参加者は100万円を用意する。密室の空間で笑わせ合うサバイバルゲーム。笑った人から脱落していき最後まで生き残った人が10人分の100万円、1000万円の賞金を手にすることができる。制限時間は6時間。

シーズン2で改善されているのか?

お笑い芸人が大好きな僕にとってこの番組は凄い面白くて超楽しみです。

ただシーズン2では少し改善してくれると良いな〜って思う所があります。もうすでにシーズン2の収録は終わっていると思うので期待でしかないんですけど。

笑ったら即脱落してほしい

前回のシーズン1では、ニヤけていたり明らかに笑っていてもギリセーフだったりイエローカードだったりと甘かった。ただそれが続くと見ている方も「あ〜イエローだな〜」って緊張感がなくなっちゃうんですよね。そういうのは1発で脱落してくれた方が見ている方も緊張感が伝わるしワクワクする。

飲み物を飲む時間を決めて欲しい

笑いを隠すために水を飲むシーンが多くてそこはシーズン1の中でも指摘されていた。そこを改善する為に30分に1回水分補給みたいな時間が用意されていてそれ以外は水を飲むのを禁止にしてほしい。

最後に

今回のメンバーは笑いをいくつも仕掛けそうな芸人は少ないのかなという印象。受け身の芸人が多い気がします。個人的にはバイきんぐの小峠さんが強いのかな〜と。

まだ見たことがない人はシーズン1がAmazonプライム・ビデオで見ることができるのでぜひ見てみてください。