かむれぽ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かむれぽ

愛知県に住んでいる20代の男。個人的に気になる情報をまとめたり好きな事を書いたりと完全な雑記ブログとなっています。宜しくお願いします。



「黒子のバスケ」の藤巻先生がジャンプに帰ってきた!新連載「ロボレーザービーム」は「ゴルフ」が題材



スポンサーリンク


f:id:yshinano:20170320211706p:plain

あの「黒子のバスケ」で有名な藤巻先生が週刊少年ジャンプに帰ってきました。

タイトルは「ロボレーザービーム」

タイトルからでは何の漫画か分かりませんが「ゴルフ」の漫画です。

「ロボレーザービーム」を紹介

簡単なあらすじ

バカ真面目で几帳面な性格の主人公、鳩原 呂羽人(はとはら ろばと)は周りから「ロボ」と言われクラスで浮いていた。そんな呂羽人と仲が良い同じクラスのゴルフ部のトモヤとゴルフの練習場(打ちっぱなし)に行き、そこでロボ人間・呂羽人はゴルフと出会う。

感想

流石「黒子のバスケ」で絵がめちゃくちゃ上手くなっただけあって今回は1話からとても絵が見やすい。題材が「ゴルフ」と話を作るのが難しそうだがとても読みやすく上手いなと思った。

 

ただでさえジャンプでスポーツ漫画ってだけでも難しいのにさらに題材が「ゴルフ」だなんて・・・。チャレンジャーですね。やっぱり今後は必殺技みたいなのも出てくるんでしょうか。楽しみです。

ジャンプでスポーツ漫画を描く人が好きなので頑張ってほしいです。

最後に

なぜ、藤巻先生があの人気の「黒子のバスケ」をあのタイミングで終わらせたのか?

藤巻先生は漫画全巻を読み終えた後の満足感と寂しさが入り交じった感覚を自分の作品でも味わってほしかったと言っています。

詳しくはこちら

この感情分かる人は分かるでしょう。僕も分かります。

漫画に限らず映画やドラマ、小説でもそうですね。「全部見終わったー」っていう満足した感情もあれば「あぁ・・・終わっちゃった」っていう寂しい感情もありますよね。

僕もあの感情好きです。